エックスサーバーとは?できることやメリット・デメリットについて詳しく解説

エックスサーバーとは?サービス内容やメリット・デメリットについて解説

読者の悩み

  • Xserver(エックスサーバー)って何ができるの?
  • Xserver(エックスサーバー)のメリットやデメリットについて知りたい。

Xserver(エックスサーバー)は、人気のあるレンタルサーバーサービスの一つです。

レンタルサーバーサービスとは?

ホームページやブログなどの自身のコンテンツをインターネットに公開したいときに必要なサーバーを低価格で簡単に利用できるサービスです。

本記事では、Xserver(エックスサーバー)でできることやメリット・デメリットについて詳しく解説します。

TERU

僕自身も普段から本ブログやWEB制作の仕事でXserver(エックスサーバー)を利用しています。

この記事を読んで分かること

  • Xserver(エックスサーバー)でできることが分かる。
  • Xserver(エックスサーバー)のメリット・デメリットが分かる。

本記事の信頼性

  • フリーランスとしてWordPress案件を中心としたWeb制作をメインに仕事をしている。
  • 普段からWeb制作でエックスサーバーを利用している。
  • エックスサーバーの利用歴は5年以上。
目次

エックスサーバーとは?

Xserver(エックスサーバー)とは、国内シェアNo1の人気レンタルサーバーです。

20年以上の実績がある老舗のレンタルサーバーで、株式会社エックスサーバーが運営しています。

運用サイト数250万件以上
サービス開始時期2003年7月〜
運営会社株式会社エックスサーバー
Xserver(エックスサーバー)の基本情報
TERU

レンタルサーバーを利用する際に、最初に候補に入るのがこのレンタルサーバーです。

レンタルサーバーの種類について

大まかに分けると、レンタルサーバーは以下の4種類が存在します。

レンタルサーバーの種類
  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS(仮想専用サーバー)
  • クラウドサーバー

共用サーバー

共用サーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有し利用するサーバーです。

エックスサーバーを含む主要なレンタルサーバーは、基本的に共有サーバーとしてサービスを提供しています。

TERU

一般的なコーポレートサイトやブログで利用されており、コスパも良く初心者にオススメです。

メリット費用も安く、専門知識なしで利用できる。
デメリット他のサイトやシステムによる影響を受けやすい。
利用用途個人ブログ、中小規模のホームページ
対象サービスXserverレンタルサーバー
共用サーバーの基本情報

エックスサーバーでは、「CPU・メモリのリソース保証」機能が導入されているので、他サイトのアクセス負荷による影響は回避できます。

専用サーバー

専用サーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有せず、専用で利用できるサーバーです。

共有サーバーと比べるとサーバーのスペックも高く、大量のアクセスを処理する大規模サイトや、セキュリティが厳しい大企業のサイト向けのサーバーです。

TERU

その分、初期費用や運用費は共有サーバーより高いです

メリット他ユーザーやサイトの影響を受けない。
デメリット初期費用と運用費用が高い。
利用用途大規模サイト
大企業サイト
対象サービスXserver Business
専用サーバーの基本情報

VPS(仮想専用サーバー)

VPSはサーバーの仮想化技術を利用して、各ユーザー毎に専用で提供される仮想サーバーです。

物理的には1台のサーバーを複数人で共有して利用する共用サーバーと同じです。

OSやミドルウェアを自由に選択したり、管理者権限でサーバーをカスタマイズできるなど、自由度が高いのが特徴です。
ただし、共用サーバーとは異なり、自分でサーバーの運用管理を行う必要があるので、専門知識がある程度必要になります。

メリット共用サーバーよりも自由度が高い。
デメリット専門的な知識が必要。
利用用途マルチプレイ用ゲームサーバー構築
独自アプリの導入
メールサーバー構築
対象サービスXserver VPS
VPS(仮想専用サーバー)の基本情報

クラウドサーバー

クラウドサーバーとは、インターネット上に自分が利用したいリソースを割り当てて構築した仮想サーバーです。

VPSと違い、ユーザーがリソースを自由に決めて割り当てることが可能です。

TERU

VPSでは予めリソースが決められた仮想サーバーのテンプレートが用意されています。

エックスサーバーはクラウドサーバーを提供していません。
クラウドサーバーとしては、AmazonのAWSやMicrosoftのAzureが有名です。

エックスサーバーが提供するサービスについて

エックスサーバーでは、レンタルサーバーだけでなく様々なサービスが提供されています。

エックスサーバーが提供するサービス
  • Xserver レンタルサーバー
  • Xserver Business
  • Xserver Domain
  • Xserver SSL
  • Xserver Drive
  • Xserverショップ
  • Xserver VPS
  • Xserver for Games
  • Xserver VPS for Windows Server
  • Xserver クラウドPC

簡単に各サービスを解説します。

Xserver レンタルサーバー

通常のWEBサイトやブログ運営で利用できるレンタルサーバーです。
一般的なコーポレートサイトやECサイト、ブログ運営で利用する用途であれば、全然問題ありません。

Xserver Business

法人・企業様のニーズに特化したレンタルサーバーです。
ホームページ制作や各種設定の代行をしてもらえるなど、通常のレンタルサーバーよりも保守サポートが手厚くなっています。

サーバー契約中は、2つの独自ドメインを永久に無料で利用できます。
これには人気の.comや.jpだけでなく、法人や組織での利用に適した属性JPドメイン(co.jp、or.jp、ne.jp、gr.jp)も含まれています。

Xserver Domain

ドメイン取得サービスです。
新規でのドメイン取得やドメイン移管などドメインに関連するサービスを提供しています。

Xserver SSL

SSL証明書取得サービスです。
「ドメイン認証SSL」「企業認証SSL」「EV SSL」と認証レベルの違う3種類の証明書が取得できます。

TERU

ドメイン認証SSLは無料のSSL証明書(Let’s Encrypt)もあります。

Xserver Drive

ユーザー数無制限の法人向けクラウドストレージです。
社外からのアクセスなど、テレワーク利用に向いています。

Xserverショップ

EC構築システム「EC-CUBE」をベースにしたECサイトの制作・運営ができるサービスです。
販売手数料は無料で、月額1,980円(税込)からのプラン料金のみで運営できます。

Xserver VPS

圧倒的コストパフォーマンスにこだわったVPS(仮想専用サーバー)サービスです。
専用サーバーなので、root権限が利用できるのが特徴です。

Linux系OSを中心に、「OSイメージ」や「アプリイメージ」が多数用意されています。

Xserver for Games

オンラインゲームでマルチプレイをするためのゲーム専用サーバーを提供するサービスです。
パルワールドやMinecraftなど人気のオンラインゲームが揃っています。

Xserver VPS for Windows Server

Windowsサーバー専用のVPS(仮想専用サーバー)サービスです。
Windowsサーバー環境をリモートデスクトップ接続で利用することができます。

Xserver クラウドPC

VPSでクラウド上に自分専用のPC環境(Windows)を作ることができるサービスです。
インターネット環境があれば、デバイスの種類に関わらず(スマホ、タブレット、PCなど)、いつでもWindows環境を利用でき、リモートワーク環境として活用することが可能です。

エックスサーバーでできること

エックスサーバーでできることは主に以下の4点となります。

ホームページをインターネット上に公開できる

エックスサーバーの最も多い利用方法になります。

エックスサーバーを利用することで、ホームページをインターネット上に公開することができます。

ホームページの種類は、企業の公式サイト、ECサイト、個人ブログなど多岐にわたります。

ホームページを公開するためのサーバーを自分で用意するのは高額ですが、エックスサーバーを利用することで、月1,000円程度でサーバーをレンタルできます。

TERU

インターネット上にホームページを公開することで、世界中に情報を発信することができるようになります!

独自メールアドレスを作成できる

独自ドメインを利用したオリジナルのメールアドレスを作成することができます。

メールアドレスの作成数に制限はありません。
独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを契約すれば、追加料金なしでメールアドレスを作成することができます。

下記の記事では、独自ドメインを利用したメールアドレスの作成について具体的な手順を解説しています。参考にしてみてください。

TERU

条件を満たせば、レンタルサーバーを契約するだけで独自ドメインが無料で取得できます!

無料独自ドメインが取得できる条件
  • 新規で12ヶ月以上の契約期間
  • 「自動更新設定」の有効化

オンラインゲームのマルチプレイができる

ゲーム用サーバーも提供されており、人気のオンラインゲームで簡単にマルチプレイすることができます。

マルチプレイとは?

オンライン上の複数のプレイヤーが一つの世界(ワールド)にアクセスして遊ぶこと

TERU

マルチプレイをするためには専用サーバーが必要になります。

「Xserver for Game」では、マルチプレイに特化したゲーム専用のレンタルサーバーを提供しており、サーバーの申し込みから設定まで、誰でも簡単にマルチプレイ用のサーバーを立てることが可能です。

対応しているゲームの一例
  • Minecraft
  • Palworld
  • ARK

アプリやWEBサービスの開発ができる

アプリやWEBサービスの開発やユーザーに提供する際の基盤としてエックスサーバーを利用することもできます。

具体的には、PHP(Laravel)やPython(Django)などのWebアプリケーションフレームワークを使用して開発基盤を準備したり、オープンソースのAIツールやビジネスツールのアプリケーションを利用したりすることが可能です。

エックスサーバーの始め方【WordPress】

本章では、エックスサーバーの中でも一番利用シーンが多いWordPress環境の構築方法について解説します。

エックスサーバーでは、「WordPressクイックスタート」という機能が用意されており、レンタルサーバーの契約から独自ドメインの取得、WordPress環境の立ち上げまで約10分程度で完了させることが可能です。

WordPressクイックスタートのイメージ

TERU

「WordPressクイックスタート」機能を利用した手順を解説します。

WordPressを使ってブログを始めたい方には下記の記事が参考になります。

STEP1:レンタルサーバーを契約する

まずはレンタルサーバーの契約を行なっていきます。

\ 利用料金最大30%OFFキャンペーン実施中 /

5/1まで利用料金が実質月額693円〜 + ドメイン2つ永久無料&初期費用無料
今ならサーバー移転代行も無料

申し込み画面の表示

XSERVER(エックスサーバー) にアクセスして、画面右上の「お申し込み」を選択します。

レンタルサーバーの契約(お申し込みボタン選択)
「お申し込み」を選択

「10日間無料お試し〜」を選択します。

レンタルサーバーの契約(無料お試しボタン選択)
「10日間無料お試し〜」を選択

サーバー契約内容の入力

お申し込みフォーム画面にて、プランの「スタンダード」が選択されていることを確認します。

WordPressでホームページを運営する場合、スタンダードプランのスペックで十分です。

サーバー契約内容の入力(プラン選択)
「スタンダード」が選択されていることを確認

「WordPressクイックスタート」の利用するにチェックつけると、無料のお試し期間がない旨のメッセージが表示されるので、「確認しました」を選択します。

サーバー契約内容の入力(クイックスタートの確認)
「確認しました」を選択

クイックスタートを利用することで、レンタルサーバーを契約するタイミングでWordPress環境も準備できます。

サーバー契約内容の入力(クイックスタートの利用確認)
「利用する」を選択

「サーバーの契約期間」を選択します。
ホームページで利用することを考えると初めは12ヶ月以上を選択するのがおすすめです。

サーバー契約内容の入力(契約期間の選択)
「12ヶ月」を選択
契約期間を12ヶ月以上にする理由
  • 期間が長いほど月あたりの料金も安くなる。
  • ホームページが検索エンジンに評価されるまで最低でも半年はかかる。

ドメイン契約内容の入力

「取得ドメイン名」にホームページで利用するドメインを入力します。
ここで取得する独自ドメインはサーバーご利用中は無料で使用可能です。

ドメイン契約内容の入力(取得ドメイン名の入力)
ホームページで利用するドメインを入力

WordPress情報の入力

WordPressをインストールする際に必要な情報を入力します。

WordPress情報の入力(基本情報入力)
WordPress情報を入力
スクロールできます
ブログ名作成するホームページのタイトルを入力します。
ユーザー名WordPressにログインする際に使用するユーザー名を入力します。
パスワードWordPressにログインする際に使用するパスワードを入力します。
メールアドレスWordPressから通知を受け取るためのメールアドレスを入力します。
テーマデフォルトの「WordPressデフォルトテーマ」のままでOKです。
WordPress情報の入力項目

入力が完了したら、画面下の「Xserverアカウントの登録へ進む」を選択します。

WordPress情報の入力(アカウント登録へ進む)
アカウント登録へ進む

Xserverアカウント情報の入力

Xserverアカウント情報の入力画面になるので、氏名、住所、電話番号など、必要情報を入力します。

Xserverアカウント情報の入力
アカウント情報を入力
スクロールできます
メールアドレスエックスサーバーのログインに使用するメールアドレスを入力します。
パスワードエックスサーバーのログインに使用するパスワードを入力します。
登録区分個人で利用する場合、「個人」を選択します。
名前・フリガナ自分の名前とフリガナを入力します。
郵便番号・住所自分の住所を入力します。
電話番号自分の電話番号を入力します。
Xserverアカウント情報の入力項目

キャンペーン情報などお知らせメールが不要な場合は、チェックを外しておきましょう

お支払い方法の入力

「お支払い方法」の項目でクレジットカード情報を入力します。

お支払い方法の入力(支払い情報入力)
お支払い情報を入力

最後に「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意するにチェックをつけて「次へ進む」を選択します。

お支払い方法の入力(次へ進む)
利用規約にチェック

確認コードの入力

入力したメールアドレス宛に6桁の数字のみ記載されたメールが届くので、数字を「確認コード」欄に入力して、「次へ進む」を選択します。

確認コードの入力
確認コードを入力

申し込み内容の確認

確認画面が表示されるので、入力内容に問題なければ、「この内容で申込みする」を選択します。

申し込み内容の確認
申し込み内容確認

入力したメールアドレス宛にアカウント登録完了のメールが届きます。

スクロールできます
件名【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ〜
「SMS・電話認証へ進む」というボタンが表示された場合

「この内容で申込みする」ではなく、「SMS・電話認証へ進む」が表示された場合の手順になります。

手順①:「SMS・電話認証へ進む」を選択します。

手順②:「認証コードを取得するお電話番号」を入力し、「取得方法」を決めて、「認証コードを取得する」を選択します。
※ここでは、SMSでの取得方法にしています。

SMS電話認証
認証コードの取得

手順③:指定した取得方法で、認証コードが届きます。認証コードを入力してから「認証して申し込みを完了する」を選択します。

SMS電話認証(コード認証して完了)
認証コードの入力

以上でサーバーのお申し込みは完了です。

補足:エックスサーバーの登録情報は大事に管理しましょう!

レンタルサーバーを契約すると、下記の情報が記載された登録完了メールが届きます。
重要な情報なので大事に保管しておきましょう。

  • エックスサーバーのログイン情報
  • WordPressのログイン情報

例:エックスサーバーのログイン情報

TERU

既にレンタルサーバーを契約している方は、下記の手順からWordPressをインストールして下さい!

既にエックスサーバーを契約している方へ

エックスサーバーを既に契約している場合、「WordPress簡単インストール」機能を利用することで素早くWordPress環境を準備することができます。

手順①:エックスサーバーの管理画面にアクセスします。

WordPressのインストール

手順②:①「XserverアカウントID」と②登録したパスワードを入力し、「ログインする」を選択します。

WordPressのインストール2

手順③:管理画面から「サーバー管理」を選択します。

WordPressのインストール3

手順④:サーバーパネルから「WordPress簡単インストール」を選択します。

WordPress簡単インストールとは?

管理画面上から値を入力するだけでWordPressが自動でインストールできる機能です。
エックスサーバー(XSERVER)から標準機能として提供されています。

WordPressのインストール4

手順⑤:ドメイン選択画面にて、WordPressをインストールするドメインを選択します。

今回は、「teru1213.online」という独自ドメインにWordPressをインストールします。

WordPressのインストール5

手順⑥:WordPress簡単インストール画面にて、「WordPressインストール」タブを選択し、下記の必要情報を入力します。

WordPressのインストール6
項番項目名説明
1ブログ名サイトタイトルを入力します。
2ユーザー名WordPressで使用する管理ユーザーのユーザー名を入力します。
3パスワードWordPressで使用する管理ユーザーのパスワードを入力します。
4メールアドレスWordPressで使用する管理ユーザーのメールアドレスを入力します。
WordPress簡単インストールの必要情報

手順⑦:必要情報を入力したら、画面下の「確認画面へ進む」を選択します。
※必要情報以外はデフォルトで大丈夫です。

WordPressのインストール7

手順⑧:確認画面が表示されるので「インストールする」を選択します。

WordPressのインストール8

手順⑨:「WordPressのインストールが完了しました。」の文言が表示されれば、インストール完了です。

WordPressのインストール9

サブディレクトリにWordPressをインストールしたい場合は、「サイトURL」にディレクトリ名を入力します。 例)「teru1213.online/test」にWordPressをインストール

管理画面URLとユーザー名/パスワードは、今後も必要になるのでメモしておきましょう。

STEP2:WordPressにログインする

レンタルサーバーの契約が完了したら、作成したWordPressの管理画面にログインしてみしょう。

WordPressで記事を投稿したりカスタマイズする際は、すべて管理画面から作業を行います

ブラウザに下記URLを入力することで、WordPressのログイン画面にアクセスできます。

ブラウザに入力するURL

https://”取得したドメイン名”/wp-admin/

“取得したドメイン名“は、先ほど「ドメイン契約内容」の項目で入力したドメイン名に置き換えてください。

WordPressにログインする(ログイン画面)
WordPressのログイン画面

ユーザ名とパスワードを入力して「ログイン」を選択します。

ユーザー名とパスワードは「WordPress情報」で入力した値です。

WordPressにログインする(ユーザー名とパスワード入力)
ログイン情報の入力
WordPressにログインする(ログイン後の管理画面)
ログイン後のWordPress管理画面

STEP3:WordPressの初期設定

WordPress環境のインストールができたら、次に初期設定を行います。
本記事では、初期設定の中でも最低限行うべき作業のみ説明します。

  • WordPress側でのSSL化対応
  • 不要プラグインの削除

詳細な初期設定の内容については、下記の記事にまとめているので参考にしてください。

WordPress側でのSSL化対応

「STEP4:SSL化設定」にて、対象ドメイン(今回だとteru1213.online)のSSL化対応は完了しています。

ただWordPressサイトの場合は、WordPress側での対応も必要になります。

手順①:インストール時にメモした管理画面URLにアクセスし、WordPressにログインします。

WordPress側でのSSL化対応

手順②:管理画面のメニューから「設定」-「一般」を選択します。

WordPress側でのSSL化対応2

手順③:一般設定画面にて「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス (URL)」の値を「http〜」→「https」に変更します。

WordPress側でのSSL化対応3

手順④:最後に画面下の「変更を保存」を選択し、設定完了です。

WordPress側でのSSL化対応4

変更後、https〜のURLでログイン画面が表示されるので再度ログインしておきます。

不要プラグインの削除

手順①:管理画面のメニューから「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」を選択します。

不要プラグインの削除

手順②:プラグイン一覧画面にて初期インストールされているプラグインを削除します。

削除対象プラグイン
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Hello Dolly
  • TypeSquare Webfonts for エックスサーバー
不要プラグインの削除2

手順③:削除対象プラグインの下に表示されている「削除」を選択します。

不要プラグインの削除3

ポップアップが表示されるので、「OK」を選択します。

不要プラグインの削除5

他の削除対象プラグインに対しても同じ作業を実施します。

手順④:プラグイン一覧画面にて、プラグインが全て削除されれば、作業完了です。

不要プラグインの削除6

以上でWordPressの初期設定が全て完了です。

STEP4:WordPressのページ作成

初期設定が完了したら、ページ作成を行います。

WordPressでは、ページの種類として2パターンあります。

スクロールできます
ページ種類概要
固定ページ「TOPページ」や「会社概要」などカテゴリに属さない独立したコンテンツを作成する時に使用します。
投稿記事ブログやお知らせなど、後から追加して行くタイプのコンテンツを作成する時に使用します。
カテゴリやタグを使ってコンテンツをグループ分けすることができます。
WordPressのページ種類

またページを作成するために、テーマと呼ばれるデザインの構成や機能がまとめられたテンプレートを設定する必要があります。

テーマの種類概要
無料テーマ無料提供されているテーマ
デフォルトテーマも無料
代表的なテーマ:「Cocoon」、「Lightning」
有料テーマ有料販売されているテーマ
相場は10,000円〜20,000円
代表的なテーマ:「SWELL」、「Snow Monkey
自作テーマ自作で作るテーマ
オリジナルデザインのサイト制作で利用
WordPressテーマの種類

このようにWordPressでのページ作成は、ある程度専門スキルが必要になるので制作会社に依頼して制作してもらうパターンが多いです。

TERU

自作テーマで他サイトと被らないオリジナルデザインでホームページを作りたい場合はプロ(制作会社やフリーランス)に依頼するのがおすすめです!

どうしても自分でページ作成したい人は、下記の学習教材でスキルを身につけるのがおすすめです。

TERU

プログラミング学習コミュニティ「ともすた」を運営されている「たにぐち まこと」さんの人気講座で、WordPressの自作テーマを自分で作れるスキルが取得できます。

既に開発環境や別環境でWordPress環境がある場合はこちら

既に別環境でWordPressで作成したホームページが準備できている場合、ページ作成の代わりにデータ移行を行う必要があります。

データ移行のステップ
  • 移行用プラグインのインストール&有効化
  • 移行元WordPressでデータエクスポート
  • 移行先WordPressにデータインポート
移行用プラグインのインストール&有効化

移行元と移行先のWordPress環境共通でプラグインを準備しておく必要があります。

WordPressデータの移行に使用するプラグインをインストールしておきます。

プラグイン一覧画面から「新規追加」を選択します。

不要プラグインの削除7

プラグインを追加画面にて、検索ボックスに「All-in-One WP Migration」と入力します。

不要プラグインの削除8

検索結果画面から「All-in-One WP Migration」の「今すぐインストール」を選択します。

不要プラグインの削除9

インストール完了後に「有効化」を選択します。

不要プラグインの削除10
移行元WordPressでデータエクスポート

移行元のWordPress環境で実施してください。

管理画面から「All-in-One WP Migration」-「エクスポート」を選択します。

WordPressデータの移行

エクスポート画面にて、「エクスポート」-「ファイル」を選択します。

WordPressデータの移行2

ポップアップ画面を選択するとファイルのダウンロードが開始されます。

WordPressデータの移行3

「XXXXX.wpress」という名前のファイルがダウンロードされます。

移行先WordPressにデータインポート

移行先のWordPress環境で実施してください。

管理画面から「All-in-One WP Migration」-「インポート」を選択します。

WordPressデータの移行4

インポート画面にて、ローカル環境でエクスポートした「XXXXX.wpress」ファイルを選択または、ドラッグ&ドロップします。

WordPressデータの移行5

ポップ画面が表示されるので「開始」を選択します。

WordPressデータの移行6

移行完了のポップ画面が表示されるので「完了」を選択します。

WordPressデータの移行7
補足

WordPress以外のシステム(Wix、Jimdo、MovableType等)や無料ブログからWordPress環境へ移転したい場合は「サイト引越し屋さん」の利用がおすすめです。

TERU

サイト引越し屋さんは、WordPressを中心としたサーバー移転のプロです。

以上でエックスサーバーを利用したWordPress環境の作業が完了になります。

エックスサーバーのメリット

本章では、実際に僕が長年利用しているエックスサーバーのメリットについて解説します。

圧倒的に高い安定性を1番の強みとしている

エックスサーバーでは、大量のアクセス負荷にも強く、サイトが安定して運営できることを1番の強みとしています。

具体的には、高い安定性を実現するために下記のような施策が実施されています。

安定性を実現する施策
  • リソース保証機能
  • KUSANAGIの高速化技術

リソース保証機能の導入

リソース保証機能とは、CPUやメモリのリソースを他のユーザーの影響を受けずに確保し、利用することができる機能です。

TERU

エックスサーバーでは全プランでリソース保証機能が導入されています。

KUSANAGIの導入

KUSANAGIとは、高速化チューニングがされたWordPress実行環境です。

KUSANAGIを開発しているプライムストラテジー社と技術提携しているので、エックスサーバーの環境にもKUSANAGIの高速化技術が導入されています。

TERU

企業のサイトを運営する場合、お客様は安心感や安定性を1番重視する傾向があるため、WEB制作の現場でもエックスサーバーを利用する機会は多いです。

利用者数が多いので情報が充実している(国内シェアNo.1)

サービスの歴史が長いこともあり、他のレンタルサーバーと比較しても圧倒的に情報量が充実しています。

運用サイト数250万件以上と国内では圧倒的な利用実績があるので、その分操作方法やノウハウなどエックスサーバーに関する情報はものすごく多いです。

世界のウェブホスティング市場シェア2024
TERU

国内のホスティングサービスのシェアも1位です。

公式サイトはもちろん、個人ブログでも情報がたくさんあり、個人法人関係なく利用者が多いため、初心者でも何か困ったことがあればすぐに検索して調べることができます。

エックスサーバーの中の人が運営するメディア(初心者のためのブログ始め方講座 )もあります。

サポートの品質が高い

次にサポートの品質が高いところがポイントです。

具体的には、WEB制作の仕事でドメイン移管などのインフラ周りの作業をサポートに支援してもらった経験があります。
その際、作業手順の説明や素早いレスポンスなど、サポートの対応が非常に優秀で好印象を持ちました。

エックスサーバーは、電話とメールの両方でサポート対応を受け付けています。
契約中のお客様と契約前のお客様で受付窓口が分かれているため、変にたらい回しにされることも少ないと思います。

TERU

WEB制作の仕事をしていると、色んなレンタルサーバーのサポートを利用する機会がありますが、エックスサーバーのサポート対応はトップクラスに良いと感じました。

記事のまとめ

今回は、Xserver(エックスサーバー)でできることやメリット・デメリットについて解説しました。

エックスサーバーは、ホームページを公開する以外にも様々な用途で利用可能なレンタルサーバーサービスです。

もちろん、メリットだけでなくデメリットもありますが、僕はレンタルサーバーには安定性を一番重視しているため、国内シェアNo1で一番実績があるエックスサーバーを利用しています。

TERU

Web制作の仕事や本ブログの運営でもエックスサーバーを利用しています!

本記事がエックスサーバーの利用を検討している方の参考になれば幸いです。
以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次