XSERVER(エックスサーバー)でのドメイン取得方法【完全版】

XSERVER(エックスサーバー)でのドメイン取得方法【完全版】

こんにちはTERUです。
フリーランスでホームページやECサイト制作を仕事にしています。

読者の悩み

  • エックスサーバーで独自ドメインを取得したいけどやり方が分からない。

本記事では、こういった疑問に答えます。

レンタルサーバーでも有名であるXSERVER(エックスサーバー)でドメインを取得する方法について解説します。

エックスサーバー(XSERVER) でドメインを取得する際は、事前にレンタルサーバーの契約が必要になります。

レンタルサーバーの契約がまだの方は、「誰でもできる!WEBサイトの公開方法【初心者向け】>STEP1:サーバー契約」が参考になります。

別のドメイン取得サービス(お名前ドットコム)を利用したい場合は、下記の記事を参照ください。

この記事を読んで分かること

  • XSERVER(エックスサーバー)でのドメイン取得方法が分かる。

本記事の信頼性

  • フリーランスとしてWordPress案件を中心としたWeb制作をメインに仕事をしている。
  • Web制作会社にてディレクターの経験もあり。
  • 普段からエックスサーバー(XSERVER)を利用している。

まずはWebサイト公開の流れを理解

Webサイト公開までには、大きく5つのステップをクリアする必要があります。

Webサイト公開の道のり
  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. ドメイン設定
  4. SSL化(http→https)設定
  5. ファイルアップロード

今回はステップ2にあたる「ドメイン取得」について、深掘りしていきます。

WEBサイト公開の作業を1から実施したい方は「誰でもできる!WEBサイトの公開方法【初心者向け】」の記事をご覧ください。

目次

ドメインの取得方法【XSERVER】

具体的にエックスサーバー(XSERVER)でのドメイン取得方法を解説します。

ドメインの取得には、下記3ステップが必要になります。

  • エックスサーバー(XSERVER)の管理画面にログイン
  • 希望するドメインの空きを確認
  • ドメインの購入手続き

STEP1:エックスサーバー(XSERVER)の管理画面にログイン

エックスサーバー(XSERVER) でドメインを取得する際は、事前にレンタルサーバーの契約が必要になります。

レンタルサーバーの契約がまだの方は、「誰でもできる!WEBサイトの公開方法【初心者向け】>STEP1:サーバー契約」が参考になります。

手順①:エックスサーバー(XSERVER)のトップページから「ログイン」ー「Xserverアカウント」を選択します。

エックスサーバー(XSERVER)の管理画面にログイン

手順②:①「Xserverアカウント」と②「パスワード」を入力し、「ログインする」を選択します。

エックスサーバー(XSERVER)の管理画面にログイン2

STEP2:希望するドメインの空きを確認

手順①:XSERVER(エックスサーバー)の管理画面で「ドメイン取得」を選択します。

希望するドメインの空きを確認

手順②:ドメイン検索画面にて、好きな文字列とドメイン(.comや.jp等)を選択します。

希望するドメインの空きを確認2

補足都道府県名のドメインもある

検索画面下の「都道府県.jpを表示する」を選択すると、都道府県名のドメインも選択可能です。

希望するドメインの空きを確認3

展開後の画面

希望するドメインの空きを確認4
展開後の画面

手順③:入力が完了したら、画面下の「ドメインを検索する」を選択します。

希望するドメインの空きを確認5

手順④:検索結果画面にて、取得可能なドメインは、取得と更新にかかる費用が表示されています。

希望するドメインの空きを確認6
.jpドメインの場合

事前にWHOIS情報の設定が必要になります。 設定方法の詳細については、公式サイトを参照ください。

ドメインが取得されている場合

ドメインは、インターネット上の住所であり、誰とも被らない必要があります。
被っている場合、下記のように取得できません。

STEP3:ドメインの購入手続き

手順①:検索結果画面から、取得したいドメインと利用規約にチェックし、「お申し込み内容とお支払いに進む」を選択します。

ドメインの購入手続き

手順②:お支払い方法の選択を行います。ここでは、「クレジットカード」を選び、「決済画面へ進む」を選択します。

ドメインの購入手続き2
選択できるお支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振込
  • ペイジー

支払い方法は「クレジットカード」がオススメです。
なぜなら、「カード自動更新」の機能によりドメインの更新処理を自動で行ってくれるので支払い忘れを防止することができるからです。 →更新処理を忘れると、最悪ドメインを失効してしまいます。。

TERU

サーバー契約の際に、クレジットカード情報を設定していれば、特に入力することなく購入が可能です。

手順③:決済処理を完了すれば、ドメインの購入は完了です。

おまけ:キャンペーンを利用する場合

XSERVER(エックスサーバー)では、下記のような特典がもらえるキャンペーンを定期的に実施しています。

  • 独自ドメイン1年無料特典
  • 独自ドメイン永久無料特典

時期によって異なりますが、サーバー契約を行うことで、上記の特典がもらえます。

ここでは、特典を利用してドメイン取得する手順を解説します。

手順①:XSERVER(エックスサーバー)の管理画面にて、左メニューの「各種特典のお申し込み」を選択します。

キャンペーンを利用する場合

手順②:各種特典のお申し込み画面に、現在利用できる特典が表示されるので、利用する特典の右側にある「この特典を使用する」を選択します。

キャンペーンを利用する場合2

※ここでは、「独自ドメイン1年無料特典」のみ表示されています。

手順③:あとは通常のドメイン購入と同じで、検索→購入手続きという流れです。

キャンペーンを利用する場合3
検索画面(参考)
キャンペーンを利用する場合4
検索結果画面(参考)

各種特典には、選択できるドメインに制限がある場合があるので、よくチェックしましょう!

取得したドメインの確認【XSERVER

XSERVER(エックスサーバー)の管理画面にて、ドメイン一覧から取得したドメインを確認できます。

取得したドメインの確認

自動更新設定の確認

ドメインの更新処理が自動になっているか確認しておきましょう。

XSERVER(エックスサーバー)の管理画面にて、対象ドメインの右側に「自動更新」が表示されていれば設定できています。

自動更新設定の確認

ドメインの更新が滞ると、ドメインが失効され、WEBサイトにアクセスできなくなります。

「自動更新」が表示されていない場合、下記の手順にて、自動更新を設定できます。

手順①:XSERVER(エックスサーバー)の管理画面から、右上のアカウント名ー「自動更新設定」を選択します。

自動更新設定の確認2

手順②:自動更新設定画面にて、画面下にある「自動更新サイクル・お支払い方法を変更する」を選択します。

自動更新設定の確認3

手順③:「自動更新サイクル」と「お支払い方法」を設定して、「確認画面へ進む」を選択します。

自動更新設定の確認4

手順④:確認画面にて、「自動更新を設定する」を選択すると完了です。

自動更新設定の確認5

ポップアップが表示されます。

自動更新設定の確認6

OKを選択

手順⑤:管理画面に戻ると「自動更新」が表示されています。

自動更新設定の確認7

ドメイン取得後の次にすることは?

ドメイン取得後の次ステップとしては、「ドメイン設定」があります。

ドメイン設定とは、レンタルサーバーに取得したドメインを紐づける作業になります。

ドメイン設定をすることで、取得したドメインをレンタルサーバ上で利用可能にします!

ドメイン設定の詳しい手順については、下記の記事で解説しています。

ドメイン取得のよくある質問【XSERVER

ドメイン取得に関するよくある質問について、いくつかまとめてみました。

  • ドメインは他にどんな活用方法があるの?
  • ドメインにかかる費用はどれくらいなの?
  • ドメイン名に日本語は使えないの?
  • ドメインの種類(.com,.jpなど)はどれがいいの?

ドメインは他にどんな活用方法があるの?

よくある活用方法として、取得したドメインを利用して、メールアドレスを作成することができます。

「teru1213.com」のドメインを取得した場合

「XXX@teru1213.com」の形式で複数のメールアドレスを作成することが可能です。
※XXX箇所は任意に設定できる

TERU

「info@”ドメイン名”」でメールアドレスを作成し、公開したWEBサイトの問い合わせ先として設定することは、よくあります。

ドメインにかかる費用はどれくらいなの?

ドメインにかかる費用は「登録料金」と「更新料金」の2種類があります。

  • 登録料金
    • 新規でドメインを取得する際に発生する料金です。
    • ドメインによっては、キャンペーンで1個までなら1円で購入できる場合もあります。(単年契約の場合)
  • 更新料金
    • 契約を更新する際に発生する料金です。
    • 主要ドメインだと「.jp」だけ少し高く3,000円前後かかります。

最新の費用は公式サイトからご確認ください。

ドメイン名に日本語は使えないの?

ドメイン名に日本語は使えます。

ただ、日本語ドメインを使う場合、下記のデメリットがあるので注意が必要です。

日本語ドメインのデメリット
  1. サイトを共有(シェア)された際に文字化けする。
    • 文字化けしたURLのため、利用者から不信感を持たれる。
  2. 日本語ドメインのメールアドレスが作れない。
    • 正確には、メールアドレスも文字化けします。
  3. 日本語ドメインが使用できないレンタルサーバーもある。

文字化けについて

正確には、ピュニコード(Punycode)と呼ばれる表記に変換されます。

<例>
- 変換前:https://日本語.jp
- 変換後:https://xn--wgv71a119e.jp
TERU

個人的に、日本語ドメインは使わないのがおすすめです。

ドメインの種類(.com,.jpなど)はどれがいいの?

よく使われているドメイン(.com、.jp、.net等)であれば、どれでも大丈夫です。
日本ユーザーに向けてのWebサイトであれば、.jpか.comが一番馴染みがあると思います。

豆知識

「.com」や「.jp」など、ドメインの一番後ろにつく部分は、TLD(トップレベルドメイン)と呼ばれています。

Webサイト公開の関連記事

SSL設定

ファイルアップロード

まとめ

今回は、XSERVER(エックスサーバー)でのドメイン取得について解説しました。

Webサイト公開の道のり
  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得←今回はここを解説しました
  3. ドメイン設定
  4. SSL化(http→https)設定
  5. ファイルアップロード

Webサイトを公開する際には、必須の作業なのでマスターしましょう!

以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる