もう迷わない!シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの選定方法【初心者向け】

もう迷わない!シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの選定方法【初心者向け】

こんにちはTERUです。
フリーランスでホームページやECサイト制作を仕事にしています。

読者の悩み

  • シン・レンタルサーバーとエックスサーバー、どっちのレンタルサーバーを選べばいいのかよくわからない

エックスサーバー株式会社では、レンタルサーバーサービスとして主に下記2つを提供しています。

2つのサービスは、それぞれ特長があるのですが、どちらも定額制のレンタルサーバーなので、一見違いが分かりづらいです。

特に初めてレンタルサーバーを契約しようという人にとっては、どちらを選べばいいのか、そもそも基準がわからないと思います。
レンタルサーバー選びには、各レンタルサーバーの特徴を理解した上で、利用用途に合ったサービスを選ぶことが重要です。

本記事では、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの選定方法について詳しく解説します。

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバーのお得なキャンペーン情報です。
2023年1月13日から2023年2月3日まで、半額キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

キャンペーン期間中、新規に『エックスサーバー』をお申し込みの方には、
12ヶ月以上のご契約で《利用料金の半額》をキャッシュバックいたします!
実質月額495円からという大変お得な料金でご利用いただけます。

※8月4日からすべてのプランにおいて初期費用が廃止されています。

この記事を読んで分かること

  • 自分にとって最適なレンタルサーバーを選ぶことができる。
  • エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違いが理解できる。

本記事の信頼性

  • フリーランスとしてWordPress案件を中心としたWeb制作をメインに仕事をしている。
  • Web制作会社にてディレクターの経験もあり。
  • 普段から各レンタルサーバーを利用している。
目次

結論:各レンタルサーバーの得意な利用用途と強みを理解して選択しよう

結論、各レンタルサーバーには、強みと得意な利用用途があるので、自分の利用目的とマッチしたレンタルサーバーを選択しましょう。

利用目的レンタルサーバー
検証用の開発環境として利用したい
アダルトサイトを運営したい
シン・レンタルサーバー
クライアントのWEBサイトやWEBサービスを公開したい
自分のブログやポートフォリオサイトを公開したい
エックスサーバー
利用目的から選定するレンタルサーバー

シン・レンタルサーバー 「高速性」と「新技術の迅速導入」、エックスサーバー 「安定性」と「アクセス耐性」に重点を置いたサービスです。
それぞれ重点を置いているポイントが違うので、向いている利用方法も違います。

各サービスの強みについて解説します。

シン・レンタルサーバーの特長

サービス名シン・レンタルサーバー
一番の強み高速性
新技術の迅速導入
特長速度改善、SEO対策など最新技術をいち早く試せる環境
サービス開始時期2021年5月〜
公式サイトhttps://www.shin-server.jp/
シン・レンタルサーバーの基本情報

向いてる利用方法

  • 検証用の開発環境として利用したい
  • アダルトサイトを運営したい

シン・レンタルサーバーでは、革新性をキャッチコピーに最新技術を迅速かつ積極的に取り込むのが特徴です。

基本的に下記の流れで新機能は導入されます。
①:シン・レンタルサーバーで新機能が実装
②:シン・レンタルサーバーで実績と検証データーを得る
③:エックスサーバーでの採用検討
④:エックスサーバーで新機能が実装

新技術は、主に高速性やSEO対策を意識したものが多く、検証用の開発環境としていち早く新技術を確認するにはオススメです。
また、コンテンツ制限がないため、一般的なレンタルサーバーでは難しいアダルトサイトの運用も可能です。

エックスサーバーの特長

サービス名XSERVER(エックスサーバー)
一番の強み安定性
アクセス耐性
特長検証された機能が実装され、安定運用できる環境
運用サイト数230万件以上
サービス開始時期2003年7月〜
公式サイトhttps://www.xserver.ne.jp/
エックスサーバーの基本情報

向いてる利用方法

  • クライアントのWEBサイトやWEBサービスを公開したい
  • 自分のブログやポートフォリオサイトを公開したい

エックスサーバーは安定性とアクセス耐性が一番の強みです。

例えば、シン・レンタルサーバーは、新機能をいち早く取り入れますが、エックスサーバーでは、新機能の採用は膨大な検証データを元に慎重に導入されます。

クライアントの本番環境など、より安定稼働を意識しないといけない場合にはオススメです。

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違い

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違いについて下記4つの観点から詳しく説明します。

機能

各レンタルサーバーの主要な機能について比べてみます。

スクロールできます
主要機能シン・レンタルサーバーエックスサーバー
KUSANAGI
(WordPress実行環境)
Xアクセラレータ
(サイト高速化)
XPageSpeed
(SEO対策)
nginx採用
オールNVMe SSD(RAID10構成)
レンタルサーバーの主要機能

現時点では、サイト高速化やSEO対策、WordPress実行環境など、サーバーの特長となる主要な機能については、ほぼ同じ機能が実装されています。(2023年1月時点)

ただ、高速化技術や新機能が今後新たに出る時は、シン・レンタルサーバーから導入されていきます。

XPageSpeedやKUSANAGIもシン・レンタルサーバー→エックスサーバーの順で導入されています。

KUSANAGIとは?

KUSANAGI」は、プライム・ストラテジー社が開発・提供しているWordPressの超高速実行環境のことです。 KUSANAGIを利用することで、一般的なサイトよりも高パフォーマンス(高速+安定)のWordPressサイトが構築できます。

エックスサーバー株式会社では、プライム・ストラテジー社と技術提携を行うことで、KUSANAGIの技術を導入しています。

サイト運営を助けるその他の機能

主要な機能以外に、サイト運営を助けてくれる機能を一部紹介します。

スクロールできます
機能シン・レンタルサーバーエックスサーバー
簡単インストール
(WordPress or EC-CUBE)
プラン変更
自動バックアップ
自動バックアップからのデータ復元
無料独自SSL
FTP接続
SSH接続
メール機能
他社レンタルサーバーからの移行
WAF
レンタルサーバーのその他機能

作業の効率化やバックアップ、セキュリティ対策など、サイトを運営していく上で便利な機能も、ほぼ同じ機能が利用できます。(2023年1月時点)

プランと料金

各レンタルサーバーのプランと料金について比べてみます。

シン・レンタルサーバーのプランと料金

リソースベーシックスタンダードプレミアムビジネス
vCPU6コア8コア10コア12コア
メモリ8GB12GB16GB20GB
ディスク
(NVMe SSD)
300GB400GB500GB600GB
シン・レンタルサーバーのプラン別リソース一覧
契約期間ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
6ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
12ヶ月880円1,780円3,560円7,120円
24ヶ月825円1,650円3,300円6,600円
36ヶ月770円1,540円3,080円6,160円
シン・レンタルサーバーの契約期間別料金一覧

※上記の料金表は1ヶ月当たりに支払う料金です。

キャンペーンの時期によって料金は変わります。
最新情報は公式サイト をチェックしてください。

エックスサーバーのプランと料金

リソーススタンダードプレミアムビジネス
vCPU6コア8コア10コア
メモリ8GB12GB16GB
ディスク
(NVMe SSD)
300GB400GB500GB
エックスサーバーのプラン別リソース一覧
契約期間スタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月1,320円2,640円5,280円
6ヶ月1,210円2,420円4,840円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
エックスサーバーの契約期間別料金一覧

※上記の料金表は1ヶ月当たりに支払う料金です。

キャンペーンの時期によって料金は変わります。
最新情報は公式サイト をチェックしてください。

どちらも初期費用は無料で、従量課金ではなく、固定の月額課金になります。
また、契約期間が長くなるほど1ヶ月当たりの金額はお得になります。

料金表を比較するとシン・レンタルサーバー の方が同程度のリソースをレンタルする場合、料金的にはお得だということが分かります。

シン・レンタルサーバーの「ベーシック」プランとエックスサーバーの「スタンダード」プランはほぼ同じリソース(vCPU6コア/メモリ8GB/ディスク300GB)なので、この2つのプランで比較しています。

TERU

エックスサーバーの方が、安定性を重視しており、サポート体制も手厚いので、その分料金は少し高くなっています。

操作性

操作性については、ほぼ違いがありません。

なぜなら、シン・レンタルサーバーは、「エックスサーバー」のシステムをベースとして作られたレンタルサーバーなので、管理ツール(管理画面)は「エックスサーバー」と同じUI(ユーザーインターフェース)を採用しているからです。

シン・レンタルサーバーのUI

契約管理ページ
サーバーパネル

エックスサーバーのUI

契約管理ページ
サーバーパネル

どちらも同じ高機能かつ使いやすさを重視した管理ツールが提供されています。

TERU

エックスサーバーの操作に慣れている方は、シン・レンタルサーバーも問題なく操作することができます。

サポート対応

次にサポート対応について比較してみます。

スクロールできます
サポート内容シン・レンタルサーバーエックスサーバー
電話対応平日 10:00~18:00
→契約中のお客様専用窓口有り
平日 10:00~18:00
→契約中のお客様専用窓口有り
 新規契約の相談窓口有り
メール対応24時間365日受け付け24時間365日受け付け
→24時間以内に返信
チャット対応無し平日 10:00~18:00
サポートサイトhttps://www.shin-server.jp/support/https://www.xserver.ne.jp/support/
マニュアル&よくある質問有り有り
設定代行サービス有り有り
ホームページ制作相談無し有り
サポート内容の比較表

どちらもサポートサイトが用意されており、基本的な各種サポートメニューは準備されています。

チャット対応やホームページ制作の相談など、細かいサポート内容を見ていくとエックスサーバー の方が手厚いメニューが用意されています。

エックスサーバーの方が、運用しているサーバーの安定性を重視(創業以来 99.99%以上の稼働率)しており、24時間365日のサポート体制があるので提供するサポートの質も高いです。

各レンタルサーバーの関連記事

シン・レンタルサーバーの関連記事

WordPressの始め方

エックスサーバーの関連記事

ドメイン取得

ドメイン設定

SSL化設定

ファイルアップロード方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次