【ConoHa WING】WordPressインストールの具体的方法(初心者向け)

WordPress

こんにちはTERUです。
フリーランスでWEB制作(コーディング と ディレクション業務)をしています。

読者の悩み

  • ConoHa WINGを使ってWordPressを始めるためにどうすればいいのか知りたい
  • ConoHa WINGを使った独自ドメインのとり方やWordPressインストール方法が知りたい

本記事では、こういった疑問に答えます。
有名なレンタルサーバーであるConoHa WING(コノハ ウイング)を利用して契約→独自ドメイン取得→WordPressをインストールするまでの手順について説明したいと思います。

WordPressを使って、ブログやサイトをこれから始めようとしている初心者の方に向けた記事となっております。
※本記事の中の手順は「2021年6月時点」に実施した際の手順になります。

この記事を読んで分かること

  • ConoHa WINGを使った独自ドメイン契約からWordPressインストールまでの作業の流れと手順が理解できる

目次

スポンサードサーチ

ConoHa WINGを使ってWordPressをインストール【作業流れ】

ConoHa WING(コノハ ウイング)の契約からWordPressインストールするまでの作業は、下記のような流れになります。

  • アカウント開設
  • 独自ドメインの取得
  • 独自ドメインの紐付け+無料独自SSL設定
  • WordPressインストール

全て管理画面上の操作で完結し、コードを入力する必要はありません。

1つずつ説明しますね。

スポンサードサーチ

【STEP1】ConoHa WING(コノハ ウイング)のアカウント開設

まずは、ConoHa WING(コノハ ウイング)にて、レンタルサーバー を契約するためにアカウント開設を進めていきます。

(1)ConoHa WINGに移動して、[今すぐお申し込み]を選択します。
アカウント開設

(2)「初めてご利用の方」に、「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、[次へ]を選択します。
アカウント開設2

(3)申し込むプラン情報を入力していきます。
アカウント開設3

①料金タイプ WINGパックを選択します。
②契約期間 おすすめは12ヶ月(月額891円)です。
③プラン ベーシックプランを選択します。
④初期ドメイン 適当な文字列を入力します(なんでもOK)。
④初期ドメイン 適当な文字列を入力します(なんでもOK)。
⑤サーバー名 デフォルトでwing-XXXXXと入力されてるので、そのままでOK。

入力が完了したら、画面右側の[次へ]を選択します。

WINGパックとは?

WINGパックはレンタルサーバーと無料独自ドメインがセットになったお得な長期利用割引プランです。
詳細は公式ページをご覧ください。

(4)お客様情報を入力し、[次へ]を選択します。
アカウント開設4

(5)SMS/電話認証画面が表示されるので、電話番号を入力し、[SMS認証]を選択します。
アカウント開設5

SMSで送られてきた4桁の認証コードを入力し、[送信]を選択します。
アカウント開設6

(6)お支払い方法の情報を入力します。

今回はクレジットカードでのお支払いで進めていきます。

アカウント開設7
※ConoHaチャージは、事前にチャージ(入金)した金額分のみサービスのご利用が可能となる、プリペイド形式の支払い方法です。
※お支払い方法について詳しくは、公式ページ(お支払い方法)をご覧ください。

(7)登録完了メールを確認します。
お客様情報の登録で入力したメールアドレス宛に下記のようなメールが送信されるので確認します。
件名:[ConoHa] ご登録ありがとうございます
アカウント開設8

以上でConoHa WING(コノハ ウイング)のアカウント開設が完了です。

スポンサードサーチ

【STEP2】ConoHa WING(コノハ ウイング)で独自ドメイン取得

(1)アカウント開設後にポップアップ画面にて、独自ドメインの手続きを聞かれるので「ドメイン新規取得」を選び、[追加する]を選択します。
独自ドメイン取得

(2)ドメイン取得画面にて、取得したいドメイン名を入力し、虫眼鏡マークを選択します。
独自ドメイン取得2

(3)取得したいドメインの[カートに追加]を選択します。
※ここでは「teru1213.top」を選択
独自ドメイン取得3

取得済みのドメインについては、選択できないようになっています。

独自ドメイン取得3-2

(4)画面右上の[次へ]を選択します。
独自ドメイン取得4

(5)支払い画面になるので、[決済]を選択します。
独自ドメイン取得5

独自ドメイン取得5-2

以上で独自ドメインの取得は完了です。

スポンサードサーチ

【STEP3】ConoHa WING(コノハ ウイング)で独自ドメインの紐付け+無料独自SSL設定

(1)左メニューから[サーバー管理]-[ドメイン]を選び、ドメイン画面の右上に表示される「+ドメイン」を選択します。
独自ドメインの紐付け

(2)STEP2で取得した独自ドメインの情報を入力します。
独自ドメインの紐付け2

①ドメイン追加 「新規ドメインを追加」を選択し、STEP2で取得した独自ドメイン入力します。
※ここでは、「teru1213.top」
②無料独自SSL 「利用する」を選択します。

入力が完了したら、画面右側の[保存]を選択します。

(3)ドメイン一覧画面に先ほど入力した独自ドメインが追加されていることを確認します。
独自ドメインの紐付け3

注意点

無料独自SSLが利用できるようになるには、少し時間がかかります。
下記のように独自SSLのステータスが「利用中」になるのを待ってから次に進みましょう。
※僕が作業した際は30分〜1時間ぐらい待ちました

独自ドメインの紐付け4
以上で独自ドメインの紐付けと無料独自SSLの設定は完了です。

スポンサードサーチ

【STEP4】WordPressインストール

(1)まず、画面左メニューから[サイト管理]-[切り替え]を選択します。
WordPressインストール

(2)追加した独自ドメインの横にある[切り替え]を選択します。
※設定対象ドメインを初期ドメインから独自ドメインに変更します。
WordPressインストール2
ここでは、先ほど取得した独自ドメイン(teru1213.top)に変更

(3)サイト管理の表示が、独自ドメインに切り替わっていることを確認し、[+WordPress]を選択します。
WordPressインストール3

(4)WordPressのインストール情報を入力します。
WordPressインストール4

①インストール方法 新規インストールを選択します。
②バージョン 一番新しいバージョンを選択します。
※ここでは「5.7.2」
③URL wwwなしを選択します。
④サイト名 サイト名を入力します。
※後で変更可能です。
⑤メールアドレス WordPressに登録するメールアドレスを入力します。
⑥ユーザー名 WordPressにログインするユーザー名を設定します。
※なんでもOK
⑦パスワード WordPressにログインするパスワードを設定します。
⑧パスワード(データベース) データベースのパスワードを設定します。
※「データベース名」「ユーザー名」はデフォルトのままでOKです。

入力が完了したら、画面右下の[保存]を選択します。

(5)下記のメッセージが画面左下に表示されれば、インストール完了です。
WordPressインストール5

(6)管理画面の一覧にインストールしたWordPressの情報が表示されます。
WordPressインストール6

赤枠のSSLが有効化されていることも確認しましょう。

以上でWordPressのインストールは完了です。

今回はConoHa WING(コノハ ウイング)を利用したWordPressのインストールについてまとめてみました。
何かご質問がありましたら、気軽にご連絡ください。
以上です。

スポンサードサーチ