ConoHa WINGで2つ目の独自ドメインが無料?条件と取得方法を徹底解説

ConoHa WINGで2つ目の独自ドメインが無料?条件と取得方法を徹底解説

こんにちはTERUです。
フリーランスでホームページやECサイト制作を仕事にしています。

読者の悩み

  • ConoHa WINGで2つ目の独自ドメインを取得する方法が知りたい
  • ConoHa WINGは既に契約してるけど、2つ目のドメインを無料で取得できるのか知りたい

ConoHa WING では、特定の条件を満たすことで、2つ目まで無料で独自ドメインを取得できます。

本記事では、2つ目の無料独自ドメインを取得条件と方法について詳しく解説します。

主要なレンタルサーバーでは、同一サーバー内に複数の独自ドメインを管理することできます。
そのため複数の独自ドメインがあると低コストで複数サイトを運用することも可能になります。

そもそも独自ドメインとは?

独自ドメインとは、誰とも被らない自分だけのオリジナルドメインのことです。

法人・個人に関わらず、自分で好きな文字列を指定して取得することができるので、独自性を出すためにも独自ドメインを取得して利用するケースが多いです。

また、独自ドメインと同じくよく聞く単語で「初期ドメイン」というものもあります。
初期ドメインは、レンタルサーバー契約時に自動的に割り当てられるものです。ConoHa WING(コノハウイング) であれば、「任意の文字列.conohawing.com」が初期ドメインにあたります。

初期ドメインも普通に利用することは可能ですが、使わないケースが多いです。

初期ドメインを使わない主な理由
  • 独自性がない
  • レンタルサーバーを変えると使えなくなる
  • 最初からサブドメインになる

この記事を読んで分かること

  • 2つ目の無料独自ドメインが取得できる条件が分かる。
  • 2つ目の無料独自ドメインの取得方法が分かる。

本記事の信頼性

  • フリーランスとしてWordPress案件を中心としたWeb制作をメインに仕事をしている。
  • Web制作会社にてディレクターの経験もあり。
  • 普段からConoHa WINGを利用している。
目次

2つ目の無料独自ドメイン取得する条件は「WINGプラン」

結論、WINGパック を申し込むことが2つ目の無料独自ドメインを取得する条件になります。
既にWINGパックを申し込んでいる人も対象になります。

\ 最大53%OFFキャンペーン実施中  /

12/20まで月額678円からWINGパック利用可能 + ドメイン2つ永久無料&初期費用無料

WINGパックの契約中は、永久無料で利用が可能です。
ただし、WINGパックで契約したサーバーを解約したり、通常料金へ変更した場合は、翌年以降発生するドメイン費用が有料になります。

※1つ目の独自ドメインは、WINGパック契約時に取得できます。

ConoHa WING では、「無料独自ドメインLITE」というサービスで2つ目の無料独自ドメインを提供しています。

「無料独自ドメインLITE」では、取得できるドメイン名に一部制限があります。
具体的には、ドメイン名の中でもドットで区切られた文字列の一番右の部分(トップレベルドメインと呼ばれ、.comや.jpが有名)で取得できるドメイン名が限られています

無料独自ドメインLITEで取得できるドメイン名(トップレベルドメイン)

.online/.space/.website/.tech/.site/.fun/.tokyo/.shop(日本語ドメイン含む)

2つ目の無料独自ドメイン取得方法

「無料独自ドメインLITE」でのドメイン取得方法を解説します。

手順①:まずログイン画面から「メールアドレス」、「パスワード」を入力して「ログイン」を選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法

手順②:ConoHa WING管理画面にてWINGタブを選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法2

手順③:左メニューから「ドメイン」を選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法3

下記の方法でも大丈夫です。
「サーバー管理」→「契約情報」→「サーバー情報」から、プラン内「無料独自ドメインLITE」の「未設定」を選択

手順④:ポップアップ画面が表示されるので、「ドメイン新規取得」にチェクをつけ、「追加する」を選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法4

ドメイン移管や既にConohaで取得ずみのドメインも無料に切り替えることができます。
※新規取得と同様にドメイン名は、.online/.space/.website/.tech/.site/.fun/.tokyo/.shopのみ対象です。

手順⑤:ドメイン名を入力し、虫眼鏡マークを選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法5

手順⑥:検索結果から欲しいドメイン名の右側にある「カートに追加」を選択します。
※ここでは、「teru-second .online」を選びました。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法6

手順⑦:画面右上の「次へ」を選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法7

手順⑧:最後に「決定」を選択します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法8

「サーバーにセット中・・・」のロード画面が表示されます。

手順⑨:ドメインリストに2つ目の独自ドメインが表示されていることを確認します。

2つ目の無料独自ドメイン取得方法9

以上で2つ目の無料独自ドメインの取得は完了です。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法

取得した2つ目の独自ドメインに対してSSL設定を行いましょう。
SSL設定は、独自ドメインを利用してWebサイトを公開する際に必ず設定しておくべき作業です。

SSL化の簡易イメージ図
SSL化の簡易イメージ
SSL設定したURL
SSL対応したURLのアドレスバー表示

実装するとWebサイトのURLが「https~」になります。

手順①:左メニューから「サイト管理」を選択します。

手順②:サイト管理画面のドメインが2つ目の無料独自ドメインになっているか確認します。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法

手順③:対象ドメインが違う場合は、「切り替え」を選択します。
※今回は、「teru-second .online」にSSL設定したいので切り替えます。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法2

対象ドメインの左側にある「切り替え」を選択します。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法3

手順④:切り替えたら、サイト管理画面の「サイトセキュリティ」を選択します。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法4

手順⑤:サイトセキュリティの「無料独自SSL」→「利用設定」で、「ON」を選択します。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法5
2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法6

手順⑥:左メニューから「サーバー管理」→「ドメイン」を選択し、ドメイン一覧を表示します。

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法7

無料独自SSLが利用できるようになるには、少し時間がかかります。
独自SSLのステータスが「設定中」から「利用中」になるのを待ってから次に進みましょう。
※僕が作業した際は30分〜1時間ぐらい待ちました

2つ目の無料独自ドメインのSSL設定方法8

以上で2つ目の無料独自ドメインのSSL設定は完了です。

独自ドメインを複数利用するメリット・デメリット

ここでは、独自ドメインを複数利用することのメリット・デメリットを説明します。

独自ドメインを複数利用するメリット

メリットとしては、大きく3点あります。

  • 複数サイトを低コストで運用できる。
  • 別ジャンルのサイトを運用できる。
  • テスト・検証用として利用できる。

複数サイトを低コストで運用できる。

国内の有名なレンタルサーバーでは、1つのサーバ上で複数の独自ドメインを紐づけるマルチドメイン機能が無料で利用できます。
※もちろんConoHa WINGでも可能

サイト毎にサーバー契約する必要がないので、低コストで複数サイトの運用が可能です。

別ジャンルのサイトを運用できる。

ブログや企業でも全く別ジャンルのサイトを運用する際に、ドメインを分けることができます。

SEO観点では、サブドメインで別サイトを運用することもありますが、下記の理由から可能な限りドメインを分ける方がいいです。

  • 利用者がドメイン名を見た時にサイト内容と乖離があると不信感につながる。
  • GoogleコアアップデートによるSEO評価のリスクを分散できる。
  • ドメイン全体として一貫性を保つことができる。

テスト・検証用として利用できる。

自身のPC内だけでもWebサイトの見た目や動きに関しては、検証は可能です。
ただ、環境周りの動作確認に関しては、検証用に独自ドメインを持っていないと対応できないです。

具体的には、下記のような作業で利用します。

  • サブドメイン環境の構築検証
  • サブディレクト単位でのWordPress構築検証
  • ドメイン移管の検証

WEB制作案件では環境周りの作業も対応する場合が多いので、自由に検証できる独自ドメインを持っておくのはおすすめです。

独自ドメインを複数利用するデメリット

デメリットとしては、大きく2点あります。

  • 運用コストがかかる。
  • サーバー障害時の影響が大きい。

運用コストがかかる。

単純に独自ドメインの数が増えるだけ、ドメインにかかる費用が増えます。
ConoHa WINGでは、WINGパックで契約することで2つまで独自ドメインを永久無料で利用できます。

サーバー障害時の影響が大きい。

マルチドメイン機能により、1つのレンタルサーバーを共有して複数ドメイン環境を利用します。
その為、レンタルサーバーに何か障害が発生した場合、全てのドメインが影響を受けてしまいます。

ConoHa WINGの独自ドメインに関する疑問

独自ドメインに関する疑問について下記に記載します。

  • 独自ドメインを設定できる数に制限はありますか?
  • ドメインにかかる費用はどれくらいなの?
  • ドメイン名に日本語は使えないの?
  • ドメインの種類(.com,.jpなど)はどれがいいの?

独自ドメインを設定できる数に制限はありますか?

数の制限はありません。

ConoHa WING では、1台のサーバー契約に独自ドメインを無制限で紐づけることが可能です。
また、サブドメインも無制限で設定できます。

ドメインにかかる費用はどれくらいなの?

ドメインの費用は取得時にかかる「登録料金」と2年目以降にかかる「更新料金」の2種類があります。

人気のドメイン名(.comや.jp)かどうかで費用は変わりますが、年間でドメイン1つにつき数百円~数千円程度の費用を考えておきましょう。

WINGパックを契約することで、契約中は2つまで独自ドメインが永久無料で利用できるので、ドメイン費用を心配しなくても大丈夫です。

ドメイン名に日本語は使えないの?

日本語は使えます。
ただ、日本語ドメインを使う場合、下記のデメリットがあるので注意が必要です。

日本語を使うデメリット
  1. サイトを共有(シェア)された際に文字化けする。
    • 文字化けしたURLのため、利用者から不信感を持たれる。
  2. 日本語ドメインのメールアドレスが作れない。
    • 正確には、メールアドレスも文字化けします。
  3. 日本語ドメインが使用できないレンタルサーバーもある。

文字化けについて

正確には、ピュニコード(Punycode)と呼ばれる表記に変換されます。

<例>
- 変換前:<https://日本語.jp>
- 変換後:<https://xn--wgv71a119e.jp>

ドメインの種類(.com,.jpなど)はどれがいいの?

よく使われているドメイン(.com、.jp、.net等)であれば、どれでも大丈夫です。
日本ユーザーに向けてのWebサイトであれば、.jpか.comが一番馴染みがあると思います。

ConoHaの関連記事

独自ドメインの取得&設定方法について

ドメインの削除・解約方法について

WordPressインストールについて

Windows環境のインストールについて

まとめ

今回はConoHa WING で2つ目の無料独自ドメインを取得する方法や複数ドメインのメリット・デメリットについて解説していきました。

2つ目の無料独自ドメインの取得条件は、WINGパックを申し込むこと

複数ドメインのメリット
  • 複数サイトを低コストで運用できる。
  • 別ジャンルのサイトを運用できる。
  • テスト・検証用として利用できる。
複数ドメインのデメリット
  • 運用コストがかかる。
  • サーバー障害時の影響が大きい。

独自ドメインは、Webサイト制作やブログ運営、プログラミングなど様々な場面で登場します。

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
以上です。お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次