LP制作とコーディング費用の相場について、現役フリーランスが徹底解説【初学者必見】

LP制作とコーディング費用の相場について、現役フリーランスが徹底解説【初学者必見】

こんにちはTERUです。
フリーランスでホームページやECサイト制作を仕事にしています。

読者の悩み

  • LP制作やコーディングの見積もりを出すために相場を知りたい

本記事では、こういった疑問に答えます。

特にLP制作の経験が少ない場合、なかなか自分の見積もりに自信を持つことは難しいです。
クライアントの予算感とかけ離れた見積もりを出して、信頼を失わないためにも相場感を把握しておくことは重要になります。

そもそもコーディングって何?どんな働き方や学習方法があるの?という事が気になる方は「コーディングとは?働き方や学習方法を解説する【初心者向け】」の記事をご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • LP制作やコーディングの費用相場が分かる。
  • 費用以外の差別化ポイントが分かる。

本記事の信頼性

  • フリーランスとしてWordPress案件を中心としたWeb制作をメインに仕事をしている
  • Web制作会社にてディレクターの経験もあり
  • Web制作のフリーランスチーム(GrabAir)でも活動中
目次

そもそもLP制作(ランディングページ)の費用感は?

結論、20~30万前後の費用が多いです。

これは、実際に僕がフリーランスとしてLP制作案件をいくつか対応してきた費用感になります。

周りのフリーランスの方にも聞いてみましたが、20~30万前後の案件が多い印象です。
ただ、中には10万以下の案件や、60万以上の案件など上下で費用の幅がかなりあります

なぜこんなに費用の差があるの?

売り上げにつながるための戦略や設計をどこまでするかの作業範囲によって、作業工数が大きく変わるからです。

LP制作(ランディングページ)は、制作前の戦略設計や公開後の分析・改善など、制作以外の作業がとても重要になります。

WEB幹事さんが出してくれている比較表が分かりやすいので紹介します。

LP相場早見表

画像出典:LP制作(ランディングページ)の費用と料金相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】/ Web幹事
TERU

フリーランスだと20〜30万、制作会社だと30〜60万の相場が多いみたいですね!

上記の比較表からも分かるように依頼側(お客様側)で設計や運用ができる場合、単純に制作のみの依頼となるので、費用は高くなりません。

LP制作(ランディングページ)は、平均的に30〜60万が相場の費用。
ただし、公開後の運用改善を考慮した設計工程をどこまでやるかで費用は大きく変わる

TERU

売り上げに繋がる作業をどれだけできるかが、費用を上げるポイントですね!

コーディング費用の相場はいくら?【LPコーディング】

コーディングの費用相場は、1〜10万ぐらいです。

僕の経験上、単純なコーディング作業のみだと、どうしても費用は上がりにくいです。
単純なHTMLコーディングだと1万〜1.5万で対応することもあります。

ただ、コーディング費用も上下の幅が大きく、下記のような理由がある場合、費用が上がります。

  • お問い合わせフォームの設置
  • お知らせ投稿の設置
  • jsやcssを用いたアニメーション処理が多い場合

Word Pressなど、CMSの使用可否で費用が上がるかどうかが分かれます

LPコーディングのみで案件を受ける場合、大きく2パターンあります。

  • クラウドソーシングを利用するパターン
  • Web制作会社さんから依頼されるパターン

ちなみに、コーディングのみの作業の場合、ほとんど下請け案件になります。
下請け案件って何?って方はこちらの記事を参照ください。

あわせて読みたい
Web制作勉強したけど、どうやって案件獲得するの?【初案件に向けた具体的な営業方法6選】 こんにちはTERUです。フリーランスでWEB制作(コーディングとディレクション)をしています。 読者の悩み web制作の勉強はしたけど、どうやって初案件を獲得すればいい...

クラウドソーシングを利用するパターン

クラウドワークスやランサーズなど有名なクラウドソーシングサービスを利用して、募集されている案件に自ら提案して案件を獲得するパターンです。

クラウドソーシングの場合、LPコーディングのみの案件は比較的少ない印象です。
デザインとコーディング含めた対応を求められる案件が多いです。

コーディングのみの案件も少なからずありますが、費用は少ないですね。。

募集案件の例
募集案件の例

個人的には、下記のような依頼者と相談して費用を決める案件の方が、交渉できるのでいいと思います。

募集案件の例2
募集案件の例2

また、提案しても採用してもらわないといけないので、定期的に案件を獲得するには、提案数を増やすために、かなりの労働力が必要になります。

TERU

僕が利用した当時は、20〜30件提案して1件獲得みたいな感じでした…

Web制作会社さんから依頼されるパターン

繋がりのあるのある制作会社さんから案件を依頼してもらうパターンです。

僕の場合、コーポレートサイトやECサイトのコーディングがメインになりますが、たまにLPコーディングのお話も頂きます。

案件をしっかりと対応することで制作会社さんとの信頼関係も増し、次の仕事にも繋がるのでクラウドソーシングよりもオススメです。

案件によっては、短納期の場合もあるので、自分のコーディングスピードをある程度把握しておきましょう。

TERU

毎回案件ごとに、時間管理ツールで作業時間を計測しておくのがいいです

コーディング費用は、1〜10万が相場になる。
案件の取り方は、大きく2パターンある。
 ・クラウドソーシングの利用
 ・制作会社さんからの依頼
CMSの利用など、単純コーディング+αの案件だと費用が上がりやすい。

LP制作(ランディングページ)の関連記事

当ブログのLP制作(ランディングページ)に関連する記事を紹介します。

まとめ

今回は、LP制作の費用感について自身の経験と相場を踏まえて解説しました。
まだLP制作の経験が少ない方に少しでも参考になれば嬉しいです。

以上になります。ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる